ウェルズ・ファーゴの口座不正開設事件と過去の例

ウェルズ・ファーゴ(WFC)の口座不正開設事件

 

ウェルズ・ファーゴの口座不正開設事件

株価もみるみる下がってきて昨日は前日比1.02%下がり43.83ドルとなりました。

この2年ほどウェルズ・ファーゴの株価が45ドルを切ることは基本的にありませんでしたが一気に45ドル、44ドルを切ってきました。

 

バフェットを尊敬していたりバフェットのことが好きで、投資のモデルにしてウェルズ・ファーゴを購入していた世界中の投資家たちは、きっとバフェットの一挙手一投足に注目していることでしょう。

 

しっかり自分の頭で考え、バフェットをあくまで参考にしているだけの投資家の方も含めて、バフェットの対応に世界中の注目が注がれています。

 

JPモルガンが取引で20億ドルの損失を出した時の株価下落

2012年にJPモルガンが取引で大きな損失を出した時、今のウェルズ・ファーゴの事件とはタイプが全然違いますが参考までに株価下落がどうだったか見てみましょう。

 

www.nikkei.com

 

2012年3月30日の株価

f:id:buffett-w:20161004212054j:plain

 

2012年6月1日の株価

f:id:buffett-w:20161004212107j:plain

 

 

たった2ヶ月で31%も下落したんですね。

 

今回のウェルズ・ファーゴ事件で、ウェルズ・ファーゴは1ヶ月前に比べてまだ13%しか下落していません。

 

この先、どれくらい下落していくか。

それともバフェット神通力で持ちこたえるか。

ウェルズ・ファーゴのジョン・スタンプCEOが奇跡を起こすか。

 

世界中の投資家が頭をフル回転しながら注目しています。

 

 

 ★ウェルズ・ファーゴの躍進について書いてあります。

 

米国株中心のバフェット流世界分散投資でアーリーリタイア!
米俵まさる

株式配当不労所得でワークライフバランスとマネーライフバランス
(不労所得で家族を幸せに)