ウェルズ・ファーゴを分析している本「ビジョナリーカンパニー2飛躍の法則」

ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則

バフェットが永久保有銘柄と評価してきたウェルズ・ファーゴ(WFC)について分析している本があります。

参考になるので、書籍紹介の文章を引用させていただきます。

 

全米1435社の中から選ばれた傑出した業績を長期間持続させることに成功したジレット、フィリップ・モリス、キンバリー・クラーク、ウェルズ・ファーゴ等の飛躍を遂げた企業11社をそれぞれの業種で競合関係にある企業と詳細に比較・分析した結果、飛躍したこれらの企業には共通した以下のような特徴があった。


●飛躍を導いた経営者は、派手さやカリスマ性とは縁遠い地味なしかも謙虚な人物だった。その一方で勝利への核心を持ち続ける不屈の意思を備えており、カエサルやパットン将軍というよりは、リンカーンやソクラテスに似た思索する経営者であった。
●飛躍を導いた経営者は、最初に優秀な人材を選び、その後に経営目標を定める。目標にあわせた人材を選ぶのではない。
●飛躍を導いた経営者は、自社が世界一になれる部分はどこか、経済的原動力は何か、そして情熱を持って取り組めるものは何かを深く考え、必要とあればそれまでの中核事業を切り捨てる判断さえ下す。
●劇的な改革や痛みを伴う大リストラに取り組む経営者は、ほぼ例外なく継続した飛躍を達成できない。飛躍を導いた経営者は、結果的に劇的な転換にみえる改革を、社内に規律を重視した文化を築きながら、じっくりと時間をかけて実行する。

飛躍した企業と比較対象企業の例

・・・・ウェルズ・ファーゴ vs バンク・オブ・アメリカ

 

バフェットが経営者として高く評価してきたウェルズ・ファーゴのジョン・スタンプCEO

 

今回の口座不正開設事件に対して、どのように決断、行動していくのか。

ジョン・スタンプCEOの今後の行動はとても勉強になりそうです。

 

 

f:id:buffett-w:20161020231529p:plain

米国株中心のバフェット流世界分散投資でアーリーリタイア!
米俵まさる

株式配当不労所得でワークライフバランスとマネーライフバランス
(不労所得で家族を幸せに)