バフェットは多読を勧めている。そしてマンガーも本の虫だった。

バフェットやマンガーの思考を理解するためには、多読?

 

RyuNoSuKeさんのブログで、バフェットの後継候補トッドコム氏に対して、多読を勧めた記事がありました。

トッドコム氏が学生時代に、バフェットからもらったアドバイス。

どれだけトッドコム氏の人生に影響を与えたでしょうか。

www.garyotensei-hatena.com

 

 

チャーリーマンガーも、本の虫だった逸話がたくさんあります。

 

日本人の多読お手本は、二宮尊徳?

 

17歳の時に買って、今でも家にある二宮尊徳の二宮翁夜話。

宝の本のような重厚な製本。

初めて二宮翁夜話の本を開いた時は、とんでもない秘密が書いているのではとワクワクした思い出があります。

子どもの二宮尊徳が歩きながら本を読む姿には、いつも励まされました。

毎日の多読で、二宮尊徳は日本の歴史に名を残す偉人と成長していきました。

 

f:id:buffett-w:20161007143137j:plain

 

私は大学で経済学を専門に学んだわけではありません。

 

17歳の時に二宮尊徳の二宮翁夜話を読み、学問は書物や実体験を通じて自分で深めていくことができることを知りました。

 

知行合一。

 

読書と仕事と一体となって学び続けていけば、成長は自分次第。

 

毎月の給料から、学びに繋がる本を買って読み続けてきました。

 

バフェットやマンガーが読書を重視していると知ったのは30代になってからですが、バフェットが1日8時間以上、書類や本に目を通すと知って、もっともっと読書をして学びを深めていこうと感じました。

 

これからも日々是成長の精神で学び続けていきたいです。

 

バフェットのReproducibility投資

米俵まさる

 

配当不労所得でワークライフバランスとマネーライフバランス

(不労所得で家族を幸せに)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Investment Law of Buffett reproducible

Masaru Komedawara JAPAN

Work-life balance and money-life balance is achieved in the stock dividend.
Happy family in unearned income.

~~~~~~~~~~~~~~~~