バフェットは結婚してから大富豪になった。結婚した方が投資は楽になり、不労所得も加速的に増え、ワークライフバランスもマネーライフバランスも向上する

 結婚したくない理由の上位は、お金がないから

 

sp.yomiuri.co.jp

 

 

最近、私の周囲でも経済的理由から結婚に消極的になる人が増えています。

 

私は、相手のことが好きなんだけど経済的理由から結婚に悩んでいる人には、いつも必ず伝える話しがあります。

 

私の話しを聞いて結婚に踏み切って、今では子どもを産んでワークライフバランスとマネーライフバランスのとれた生活をしているカップルが何組もいます。

 

お金持ち夫婦になれるか最初の関門は結婚式

 

ワークライフバランスとマネーライフバランスのとれた結婚生活を送るためには、結婚前に結婚後の家計や将来のお金の使い方について、カップルでよく話し合うことがとても大切になります。

 

これを結婚前にするか結婚後にするかで、大きく変わってきます。

というのは、結婚でお金が増えていく夫婦になれるかの最初の関門、結納と結婚式が結婚を決めた直後にあるからです。

 

日本では、結納をして、さらに親族や友人を集めた結婚式を盛大に行うことが伝統です。

昔は両家の親がそれぞれお金を出し合い結婚を祝うことが幸せでもあり、義務でもありました。

 

両家がとてつもない富豪の家で、結婚する夫婦は何も支出がないのであれば感謝すべき出来事でしょう。

 

しかし、両家の両親がお金を支援してくれるわけでなく、結婚する夫婦でお金を工面する場合は、最初の一歩から大きな支出が生まれます。

 

もし昔の流れに沿って結婚すると、結納で男性側100万円以上、女性側50万円以上。結婚式である程度のランクで行うと、最低400万円以上の費用がかかります。

さらに海外へ新婚旅行も行くと、50万円以上。

 

合計で、夫婦合わせて600万円以上の現金を用意することになります。

 

600万円を複利で30年間運用したら、どれ位の金額になるでしょうか。

想像しただけで震えてしまいます。

 

みんなと同じことをしなければお金は貯まる

 

もし世間の常識を捨てることができれば、幸せな結婚式をしたいという感情や親や親族への責任感を手放すことができれば、一気にお金持ちへ近づきます。

 

今目の前にある幸せを取るか、未来の幸せのために今を我慢するか。

 

結婚式を盛大にして、10年後貧しく生きるか。

結婚式は工夫して数十万円で済まし、10年後豊かに生きるか。

 

結婚式で親を喜ばせるか、将来安定した生活をして親を安心させるか。

 

こうしたことを結婚前にカップルで話し合い、合理的な決断ができた上で結婚した夫婦で不幸になった人たちを、私は今のところ見たことがありません。

 

結婚前に夫婦の財布を一つにすることを決める

 

私の周囲で資産形成はもちろん、ワークライフバランスとマネーライフバランスがうまくいっている夫婦は、みんな財布が一つの夫婦です。

 

夫婦の財布についても、結婚前に話し合い同意しておくことを私は勧めています。

 

集中力は最大の武器の一つです。

 

財布を二つにするより、一つに集中した方が資産形成のスピードは速くなります

 

一人より二人になると、資産形成は足し算でなく掛け算になる

 

最初の関門である結婚時の大きな出費を節約できた夫婦が次に取り組むことは、夫婦で一気に資産を増やすことです。

 

仮に夫婦の手取りが15万円ずつだったとします。

一人で資産を増やしていくのにはかなりの時間を必要としますが、夫婦で力を合わせれば時間を短縮することができます。

 

夫婦合わせて30万の手取りで月に15万円以上を貯金もしくは投資することができれば、1年間で180万円資産は増えます。

 

子どもを産むまで3年間を使えば、約540万円。

 

結婚前から結婚後のお金のことを話し合えるようなカップルの場合、個々にある程度の資産を結婚前に蓄えることに成功しているケースが多いのですが、財布を一つにしている夫婦は、大体結婚後3年間ほどで1千万の資産を超えることができます

 

資産1000万を超えると配当が家計を支えてくれるようになる

 

資産が1000万円を超え、ウォーレンバフェット流の基本に則ったシンプルな割安長期投資をすれば、年間で50万円以上の株式配当収入を不労所得としてもらうことができるようになります。

 

50万円の配当収入は家計にとても大きいです。

 

15万円の手取り給料の人にとっては、3ヶ月以上の労働時間に匹敵するお金が働かなくても入ってくるようになります。

 

配当収入が家計を助けてくれると安心して妊娠できる

 

妻側の労働収入がないと家計が成り立たない夫婦の場合、妊娠することは経済的に大きなハードルになってしまいます。

 

配当収入が家計に入る形を作っておけば、妻側の労働所得がなくなったり、育児休暇が整っているホワイト企業でなくても、ある程度経済的不安から解放されることができます。

 

ホワイト企業で育児休暇中でも給与がいただける場合は、配当再投資を続けていけばさらに配当収入は増えていきます。

 

妻が配当不労所得によって経済的不安なく出産に向かうことは、安産の上でも大きな支えになります。

 

今日できることから始めよう!

 

もし経済的理由から結婚に躊躇している方が、今日の記事を見て結婚や出産に前向きになってくれたらこんなに嬉しいことはありません。

 

日本が今後も人口を増やしていくためには、一夫婦が3人以上の子どもを出産する必要があり、人口を維持していくためには一夫婦で2人の出産が必要です。

 

親から結婚費用や結婚後の経済的サポートがない自立型夫婦にとって、配当不労所得を得ることは妊娠生活だけでなく、将来に渡って家計の心強い味方になってくれるはずです。

 

ちなみにウォーレンバフェットは若い時に結婚をして、2人の息子と1人の娘、合わせて3人の子どもがいます。

 

バフェットの後継者は息子?

息子の1人には、バフェット引退後、バークシャーハサウェイの会長を継承する予定のようです。

 

 

バフェットのReproducibility投資

米俵まさる

 

配当不労所得でワークライフバランスとマネーライフバランス

(不労所得で家族を幸せに)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Investment Law of Buffett reproducible

Masaru Komedawara JAPAN

Work-life balance and money-life balance is achieved in the stock dividend.
Happy family in unearned income.

~~~~~~~~~~~~~~~~

 

f:id:buffett-w:20161107121037j:plain