財布の紐を握るのは妻か?夫か?お金持ちになるにはどっちがベスト?バフェットの財布の紐はどっち?

財布の紐を握るのが妻の場合

妻の安心感は高くなります。

妻が経済感覚に優れ、堅実な場合は、妻が財布の紐を握るのが最も良いと思います。

また、夫の浪費癖がある場合も妻が財布の紐を管理することが大切になります。

予算制、お小遣い制を明確にして、予算の中で夫に浪費してもらうことで浪費癖に対処することができます。

 

財布の紐を握るのが夫の場合

妻がどうしても経済感覚に疎い場合は、夫が財布の紐を握る方が良いと思います。

ただし、夫が財布の紐を握っても、毎日のお金の流れは妻にもきちんと公開することで、妻の経済感覚も成長します。

 

財布の紐を夫婦で握り合う場合

家業など夫婦で事業をしてる場合は、夫婦で話し合って一緒に財布を管理する方がうまくいく場合もあります。

 

財布の紐を誰も握らない場合

家計は崩壊します。いつの間にかお金がなくなっています。いつまでたっても一向にお金が増えていきません。

 

財布の紐を握るのは夫婦どちらでもいいが、役割と責任を明確にすることが大切

結論は、夫婦どちらが握ったとしても、財布を管理する役割と責任を夫婦で明確にすることが大切ということです。

財布の管理は、勤倹貯蓄で元本を増やし将来的に配当不労所得を得るための基礎となります。

 

 

 

f:id:buffett-w:20161107173519p:plain

となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則より

 

ちなみにウォーレンバフェットはバークシャーハサウェイの経営者なので会社のお金は奥さんと1つの財布ではありませんが、家庭のお金は約1000万の年収で奥さんにもわかりやすくなっています。

 

バフェットのReproducibility投資

米俵まさる

 

配当不労所得でワークライフバランスとマネーライフバランス

(不労所得で家族を幸せに)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Investment Law of Buffett reproducible

Masaru Komedawara JAPAN

Work-life balance and money-life balance is achieved in the stock dividend.
Happy family in unearned income.

~~~~~~~~~~~~~~~~