トランプ政権とアメリカの未来をコーク兄弟とリバタリアニズムで理解する

トランプの強力なスポンサーを知り、トランプ政権を理解する

 

トランプが大統領選の最中に、自ら赴き支援をお願いしたといわれているコーク兄弟

アメリカの真の支配者 コーク一族

グローバル企業や既存の権力層とは一線を画すアメリカの大富豪

表には出てこないので知らない人が多いのですが、コーク兄弟は確実にトランプ政権及びアメリカ国家に影響を与えていくでしょう。

 

コーク兄弟はリバタリアニズムの信奉者といわれています。

リバタリアニズム - Wikipedia

 

軍隊に行っていないトランプ氏も、結果的にはリバタリアニズムの実践者といえるかもしれません。

リバタリアニズムでは、国家や政府の廃止を究極的には理想としています。

 

今までのオバマ政権は、リベラル政権。

私はこれからのトランプ政権はある部分でリバタリアニズム政権になるのでは、と考えています。

 

リバタリアニズム

 

この概念を覚えておいて損はありません。

 

www.newsweekjapan.jp

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

米国株中心のバフェット流世界分散投資でアーリーリタイア!
米俵まさる

株式配当不労所得でワークライフバランスとマネーライフバランス
(不労所得で家族を幸せに)

~~~~~~~~~~~~~~~~