子どものスポーツ習い事代。お金を投資して将来のリターンは何%?

子どものスポーツにかける教育費。もしプロになったらリターンはどれ位?

 

テレビ番組で、子どもがプロスポーツ選手になった場合、「親がかけたお金はいくらになって返ってくるか」という特集をしていました。

 

5位

卓球

69倍

 

4位

ゴルフ

82倍

 

3位

サッカー

320倍

 

2位

野球

1025倍

 

1位

テニス

1473倍

 

 

との結果でした。

ただし、これはスポーツ教育費は最低限の道具代などで、それに対して日本で一番稼ぐプロ選手になった場合のリターン計算でした。

そのため、この数字自体はあまり参考にはならないと思います。

 

ただ、プロスポーツ選手になって投資した時間とお金の元を一生分とるには相当な努力と運などが必要になります。

本当に大変なことだと思います。

 

スポーツの教育効果は高いので、スポーツをすることによる人間的リターンは計り知れません。

一生の友人などもできるでしょう。

 

お金についてだけで考えれば、プロスポーツ選手を目指すより、仕事をしながら株式投資をコツコツ続けて配当を得る方がお金持ちになる確率は高そうです。

 

 

ウォーレン·バフェットの再現性ある投資探求

米俵まさる

 

配当不労所得でワークライフバランスとマネーライフバランス

(不労所得で家族を幸せに)

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Investment Law of Buffett reproducible

Masaru Komedawara JAPAN

Work-life balance and money-life balance is achieved in the stock dividend.
Happy family in unearned income.

~~~~~~~~~~~~~~~~