ウォーレン・バフェットの永久保有銘柄、米ウェルズ・ファーゴの10月新規口座開設件数44%減!?

ウェルズ・ファーゴのびっくりマイナス


米ウェルズ・ファーゴ、10月新規口座開設件数44%減―架空口座発覚で
2016年11月22日 09:41

 カリフォルニア州サンフランシスコに拠点を置く米金融大手ウェルズ・ファーゴ<WFC>は前週、今年9月初めに発覚した顧客に無断で架空口座を開設し違法取引を行っていた問題に絡んで、問題発覚1カ月後の10月の個人の新規口座開設件数が前年比44%減と、急減したことを明らかにした。

 また、個人の新規のクレジットカード申請件数も同50%減となったほか、各営業店舗への来店客数も急減し行員との接客件数も同22%減、窓口取引件数も同10%減となるなど、架空口座スキャンダルによる同行の信頼失墜の影響が広がっていることを示した。同行では12月中旬に今回の調査結果の最新版を公表するとしている。

 同行はすでに10月12日の取締役会で、架空口座を開設して不正に利益を上げていた問題をめぐり、ジョン・スタンプ会長兼CEO(最高経営責任者)の同日付での引責辞任を決定したほか、複数の訴訟を抱えており、10月には元行員が銀行員としての経歴が傷つけられたとして会社側に100億ドル(約1兆1000億円)の損害請求訴訟を起こしている。

 架空口座スキャンダルは9月8日に発覚し、同行の行員が売上目標を達成した際のボーナス獲得を目指して、過去5年間にわたって顧客の了解を得ずに150万件超もの架空口座を不正に開設し、クレジットカードも56万枚も不正に発行していた。この問題で、同行ではすでに不正行為に関与した行員5300人を解雇し、CFPB(米消費者金融保護局)に対し1億8500万ドル(約205億円)の罰金と、手数料を不正に徴収された顧客に500万ドル(約5億5000万円)を返還することで合意している。

提供:モーニングスター

 

 バフェットは現在もウェルズ・ファーゴを保有継続中

バフェットは保有を継続。

しかし、ジョン・スタンプ元CEOに対して苦言を呈したように、ウェルズ・ファーゴの経営に対しては怒り心頭でしょう。

 

ウェルズ・ファーゴを永久保有銘柄と公言しているバフェット

 

過去の数々のバフェット伝説。

今回のウェルズ・ファーゴの件では、どのように行動し新たな伝説を残していくか。

 

バフェットの年齢を考えると、伝説の投資家として一挙手一投足を目にすることができるのは残り僅かでしょう。

 

生きる賢人ウォーレン・バフェットの決断、行動から、投資家として大切なことを学び続けていきたいと思います。

 

f:id:buffett-w:20161028222027p:plain

 

ウォーレン·バフェット流 シンプル投資

米俵まさる

 

配当不労所得でワークライフバランスとマネーライフバランス

(不労所得で家族を幸せに)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Investment Law of Buffett reproducible

Masaru Komedawara JAPAN

Work-life balance and money-life balance is achieved in the stock dividend.
Happy family in unearned income.

~~~~~~~~~~~~~~~~