日本にとってちょっと嬉しいニュースを3つ

日本に関係する嬉しい3つのニュース

 

www.bloomberg.co.jp

 

www.bloomberg.co.jp

 

▼ティファニー(NYSE:TIF)(専門小売り)
年初来・株価騰落率:+5.65%


11月29日の取引で米高級宝飾店経営のティファニーの株価が上昇した。第3四
半期(8-10月期)決算は、売上高と調整後一株当たり利益が市場予想を上回
ったほか、日本やアジアの好調が好感された。ティファニーの株価は前日比
3.15%高の80.60ドルで終了し、52週高値を更新した。

ティファニーが29日の取引時間前に発表した8-10月期決算は、売上高が前年
同期比1.2%増の9億4930万ドルと市場予想の9億2258万ドルを上回った。粗利
益は同2.7%増の5億7950万ドル、純利益は4.5%増の9510万ドル(市場予想:
8483万ドル)、調整後の一株当たり利益は0.76ドルとなり市場予想の0.68ド
ルを上回った。
地域別の売上高は日本が前年同期比13%増、アジア太平洋が4%増となった一
方、アメリカ大陸が2%減、欧州が10%減となり、全体では1%増となった。
アメリカ大陸は、国内客の消費低迷を海外(特に日本)からの旅行客の消費
増が補う形となった。既存店売上高は日本が20%増となったが、アメリカ大
陸は2%減、欧州が14%減、全体では2%減となった。為替の影響を除く既存
店売上高は市場予想の4.1%減に対して3%減となった。

2016年度通期の見通しについては、売上高が前年比1桁台前半の減少、単位面
積当たりの来店客数が同3%増、希薄化後の一株当たり利益は1桁台半ばの減
少になるとした。

 

 

日本いい感じ?

 

このニュース通りになるかはわかりませんが、少なくとも日本にとってポジティブなニュースが出ると嬉しいです。

テレビやネットニュースを見ると、やれ人口減少、やれ日本の未来はマイナス、など日本についてのネガティブニュースばかり

 

日本という国がダメになったら、どんなに海外投資をして自分年金ができていても、最終的に幸福な未来は訪れないという根本を、海外投資をしている人は忘れてはいけません。

 

海外に移住しても、簡単に危険からエスケープはできません。

危機が訪れた時に海外居住の人にも多くの災難が降りかかることは、過去の歴史が証明しています。

永住権をとっても、国籍をとっても、日本人という外見を変えることはできません。

親を変えられないように、母国や血脈は変えられません。

 

日本の未来が輝くように、ベクトルを向けていきたいです。

 

賢人ウォーレン・バフェットは、米国の輝かしい未来に繋がる思考と行動、そして投資をしています

 

 

 

バフェット流投資でアーリーリタイア!

米俵まさる

 

配当不労所得でワークライフバランスとマネーライフバランス

(不労所得で家族を幸せに)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Investment Law of Buffett reproducible

Masaru Komedawara JAPAN

Work-life balance and money-life balance is achieved in the stock dividend.
Happy family in unearned income.

~~~~~~~~~~~~~~~~