日本株投資と米国株投資の違い

日本企業と米国企業は何が違う?

 

配当金を業績が悪くなっても出し続けてくれる確率の高い株主優先企業が多いのは、米国株。

業績が悪くなったら簡単に配当を減配する企業が多いのは、日本企業。

ただ、配当金をもらうもらわないは投資家にとってはプロセスの話しで、結果的に企業の業績が伸び続ければ、株価は上昇し、株主も利益を得ることができます

配当を出さない日本企業も、顧客と従業員を大切にすることで業績が伸び続ければ、顧客を大切にして企業が成長していけば株価は上昇するというバフェット流に繋がります。

 

現にバフェットは配当を出さない企業へも投資をしています。

バフェットは配当を出すという基準では投資をしていません。

配当を出さない企業への投資を好む投資家もいます。



私は、米国株への投資は配当をもらうことが目的の一つなので、バフェット流で企業を選びつつ、配当のある米国株に投資しています。

日本株は、日本社会を良くする企業であると同時に、そのビジネスが利益を上げ続け結果的に株価が上昇していくことを考えて、バフェット流で投資を行っています。

 

投資家にとってはどっちも結果的に同じ?


米国企業は、株主利益向上が企業を成長させ、顧客に対してより良いことができると考え、日本企業は、顧客に対してより良いことをしていくことが、企業の成長に繋がると考えている、ともいえます。

 

米国企業ほど株主利益を優先して考えている日本企業は少ないかもしれませんが、株主への利益を優先した企業経営をすることが、顧客、従業員、社会のために最も良いシステムかどうかは何とも言えないところです。

 

結局、最終的には世界のどこの企業でも、

「その会社は、どう成長していくのか」

という視点で考えることが大切だと思います。

 

f:id:buffett-w:20161214171859j:plain

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~

米国株中心のバフェット流世界分散投資でアーリーリタイア!
米俵まさる

株式配当不労所得でワークライフバランスとマネーライフバランス
(不労所得で家族を幸せに)

~~~~~~~~~~~~~~~~