昨年末にバフェットも投資した石油関連株KMIキンダーモルガン株を売却

キンダーモルガン(Kinder Morgan)

去年、米国株のキンダーモルガンを売却しました。13ドルで購入して、20.8ドルで売却したので、62.5%の売却益でした。キンダーモルガンは配当75%減配して大きく値崩れしたタイミングで購入できたのが良かったです。キンダーモルガンはアメリカに多くのパイプラインを持っている独占的な会社です。将来性のある会社でずっと保有していたい会社ですが、もっと良いお金の使い道がありそうなので、配当を先にもらうことにしようと考え利益確定しました。

 

偶然、購入後にバークシャーハサウェイもキンダーモルガンを購入したことを知りました。バフェットではなく、後継者候補であるテッド・ウェシュラートッド・コームズのどちらかの選択だったかもしれませんが、びっくりしました。

 

世界の流れを知る

石油関連株は、表に現れない戦争が現在進行形で起きていることを読み取って買うことにしました。この先の表に現れない戦争が私には読めないので、ひとまず利益確定しました。今回のキンダーモルガンの投資成功は、世界で起きている表に現れないことを深読みしたことで得た成功だと思います。企業の数字は大切ですが、世界がどうなるかも企業に大きな影響を与えます。ウォーレン・バフェット氏は市場の動きは気にしないと言いますが、世界の動きは見ています。ジョージソロス氏も、表に現れない世界のことを見ています。

 

各国や各企業の利害関係に気を配る

全ての物事は関連し合い、影響を与え合っています。動きは、時折匂いを発します。気を配っていると、その匂いに気付く確率が高くなります。日本人に得意な気配を察する力。これを生かすのが、日本人に合った投資法の1つだと考えています。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~
米国株中心のバフェット流世界分散投資でアーリーリタイア!
米俵まさる

株式配当不労所得でワークライフバランスとマネーライフバランス
(不労所得で家族を幸せに)
~~~~~~~~~~~~~~~~