旅をすると投資がうまくいく?

投資家には旅が良い?

昨年でアーリーリタイアして時間ができたので、最近よく旅をしています。「移動距離と成長は比例する」という言葉があります。くまモンを創った小山薫堂氏も若い頃からよく旅をよくしていたようです。小山薫堂氏は、「自分にフェイントをかける」という表現で、旅を勧めています。旅をすると思考が飛躍します。日常の思考から離れます。日常を過ごしている時と、思考の流れが変化します。それは、「突然変化ともいうべき現象」が起こります。投資家として生きていると、毎日24時間なんとなく頭の片隅に常に投資のことがある状態になりがちです。その状態から、旅をすると思考を離すことができます。

 

心が動く色々な場所

楽しい場所、ドキドキする場所、わくわくする場所、不思議な場所、圧倒的な自然の場所、怖い場所、美味しい場所、伝統の重みを感じる場所、、、、、、日本だけでもこうした場所はたくさんあります。海外も楽しいところたくさんですが、日本人として日本の素晴らしい場所を、一人だったり、妻と二人だったり、子どもたちとだったり、元気に歩いて楽しめるうちにたくさん旅したいです。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

バフェット流投資でアーリーリタイア!
米俵まさる

株式配当不労所得でワークライフバランスとマネーライフバランス
(不労所得で家族を幸せに)

~~~~~~~~~~~~~~~~