年齢と環境と能力に応じて投資戦略は一人ひとり違う

ウォーレン・バフェットを参考に投資と年齢について考える

 

投資に関する書籍やネットでの情報を見ていると、年齢に応じた投資戦略についての情報が不足している気がします。

 

ウォーレン・バフェットは11歳から株式投資を始め、人生=投資です。バフェットの生き方は投資と共に生きる人生であり、家族との関わりも含めて、投資は最上級に位置しています。私は、バフェットの投資術を大きな指針としているため、ブログのタイトルにバフェット流としていますが、人生観や仕事観などはバフェットと違います。当たり前ですが、バフェットはアメリカ人であり、私は日本人なので、根本が大きく違います。もちろん、投資についての能力も経験も規模も天と地ほどの開きがあります。バフェットは現在86歳。投資を始めた年齢は11歳。投資において75年のキャリアを誇っています。ウォーレン・バフェットというスーパー投資家は、世界大恐慌の時代に生まれ、父も祖父も成功した起業家、経営者であり、バフェットは子ども時代天才的な頭脳の持ち主で、大学はハーバード大学に行こうとしたほどの秀才です。

 

 現在の年齢と環境と能力によって目指すゴールは変わってくる

投資家として考えると難しいので、スポーツ選手を例に考えます。10歳の少年が、プロ野球選手になりたいと相談してきたら、もの凄い可能性があるからぜひ頑張って、と応援します。20歳の野球未経験の青年が、今からプロ野球選手を目指したい、と相談してきたら、運動神経抜群で天才バスケットボール選手だったマイケルジョーダンでも、野球選手として活躍することはなかった話をします。その上でも挑戦するか再考を促します。30歳で若い頃野球で甲子園に出たけど今は会社員をしていて野球は草野球レベルの人が、プロ野球選手を目指したいと相談してきたら、メジャーリーグでは30歳以降の挑戦でも成功した選手がいたことを話し、同時にリスクヘッジの部分の話をします。養っている家族はいるのかなどを質問します。草野球をずっとしてきた50歳の人が、プロ野球選手を目指したいと相談してきたら、今の人生の何が不満なのか、満ち足りていないと感じているのは何なのか、そこを掘り下げることを勧めるかもしれません。

 

私が86歳になった時にしていたいこと

バフェットは86歳の今、大好きで人生の最上位に位置付けてきた投資中心の生活をしています。私も86歳になった時、大好きで人生の最上位なことをやっていることが目標です。そこに向けて、私の年齢・環境・能力に応じた戦略を立てて行動していきます。

 

自分の年齢と環境と能力を把握することが投資戦略立案に大切

あなたは何歳ですか?

あなたは今、どんな環境ですか?

時間はどれくらいありますか?

リスクはどれくらいとれますか?

家族はどれくらい協力してくれますか?

投資はもちろん、その他の様々な知識はどれくらいありますか?

勉強する力はありますか?

我慢強いですか?

物事を継続する力はどれくらいありますか?

本当にほしいものは何ですか?

どんな人生を送りたいですか?

どんなことに幸せを感じますか?

 

 

 

 

バフェット流投資でアーリーリタイア!

米俵まさる

 

株式配当不労所得でワークライフバランスとマネーライフバランス

(不労所得で家族を幸せに)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~