無人化へ最速で進むシンガポール

日本が人口減少時代を乗り越えるために進めている無人化政策。それを最速で進めていくであろう国がシンガポールです。私が過去にシンガポールへ行った時、あまりに整備された都市に本当に驚きました。ゴミひとつないと言えば大袈裟ですが、そういう感じの場所も多く、清潔が好きな日本も負けるほどの整った国です。その整いは、強力な政治リーダーシップから生まれています。

 

日経新聞に出ていましたが、現在シンガポールでは無人化が急速に進んでいるようです。無人カフェ、自動運転タクシーの実験、スーパーのセルフレジ、飲食店のセルフ注文など、未来の予定ではなくもうすでに実現しています。

 

機械ができる職業をシンガポールから根絶し、限りある人口を生産性の高い分野に集中していく政策を実行していくようです。

 

次にシンガポールへ行く時に無人化がどの位進んでいるか楽しみです。

 

 

日本の未来も、シンガポールに近い方向です。

 

 

 

米国株中心のバフェット流世界分散投資でアーリーリタイア!
米俵まさる

株式配当不労所得でワークライフバランスとマネーライフバランス
(不労所得で家族を幸せに)