バフェット株主への手紙2016日本語意訳連載シリーズ3(バークシャーハサウェイ)

バークシャーハサウェイ、株主への手紙 日本語意訳2016③

 

収入を増やす魔法の計画はありません。機会が与えられた時に精神的にも財政的にも迅速に行動するように準備しました。10年ごとに暗くなる雲が経済の空を満たし、彼らは簡単に金を吹き飛ばします。

 

株主への手紙 ウォーレン・バフェット

 

※2017年2月25日に発表された株主への手紙2016より

※意訳なので、原文と完全に一致しているわけではありません。投資初心者の方でも読みやすいように、わかりやすい意訳文を心がけています。私の英語力の至らなさで意訳が原文と一致しない場合もあるかと思いますが、ご容赦下さい。

 

常に現金を準備しているバフェット

10年ごとに起きるような特別なチャンスがきた場合、すぐに行動できるようにバフェットは準備しています。日本の一般的な保険会社が行っている投資運用と、バークシャーハサウェイの投資運用では、ある部分が大きく違います。それは現金保有の割合です。日本の保険会社の多くが、数パーセントの現金割合に対して、バークシャーハサウェイは20パーセントほどの現金割合の時期があります。その現金保有の割合は、10年に1回のような特別チャンスが見つかった時に、迅速に行動できるかできないかを左右します。

 

日本の個人投資家は現金保有を大切に

日本に住み、日本語で生活している私たち一般の個人投資家は、米国に住み、英語で生活しているアメリカ及び英語圏の投資家より情報伝達の速度や空気感から得られる情報に、大きな遅れや差が生じます。アメリカ及び英語圏の投資家よりも日本の個人投資家は現金保有の割合を高くした方が、出足が後れた時でも勝負ができると思っています。

 

f:id:buffett-w:20161028222027p:plain

 

米国株中心のバフェット流世界分散投資でアーリーリタイア!
米俵まさる

株式配当不労所得でワークライフバランスとマネーライフバランス
(不労所得で家族を幸せに)