バフェット株主への手紙2016日本語意訳連載シリーズ7「バークシャーハサウェイのオーナーズマニュアル①」

「バークシャーハサウェイのオーナーズマニュアル①」

連載シリーズ7回目からは重要なキーワードがたくさん出てくる後半のバークシャーハサウェイオーナーズマニュアルの意訳です。元々は、1996年にバフェットがバークシャーハサウェイの株主に対して説明した内容です。

 

 

 

OWNER-RELATED BUSINESS PRINCIPLES


1983年のブルーチップの合併時に、私は新しい株主が当社の経営上のアプローチを理解するのに役立つだろうと考えていた13の所有者関連のビジネス原則を打ち出しました。 "原則"にふさわしいように、13人はすべて生き残っており、今日でもよく残っています。


1.私たちのフォームは企業であるが、我々の態度はパートナーシップである。 チャーリーマンガーと私は株主を所有者パートナーと考え​​、私たち自身を管理パートナーと考え​​ています。 (当社の株式保有規模のため、パートナーをコントロールすることは、より良いことにも悪いことにもあります。)当社は、当社自身をビジネス資産の最終的な所有者と見なすのではなく、資産と見なしています。
チャーリーと私はあなた自身が、経済的または政治的な出来事が緊張しているときに、毎日の価格変動のある紙を所有しているとは思わないことを願っています。家族のメンバーと提携して農場やアパートを所有していた場合と同じように、無期限に滞在すると予想されるビジネスの一部所有者として自分自身を視覚化してください。われわれは、バークシャーの株主を常に変化する群衆の顔のないメンバーとして見なすのではなく、彼らの生活の残りの部分になるかもしれないものについて私たちに資金を委ねた共同参画者として考える。
この証拠は、ほとんどのバークシャー株主がこの長期的なパートナーシップの概念を実際に受け入れていることを示しています。バークシャー株の年間売上高の割合は、自分が所有する株式が計算から除外されている場合でも、他の主要なアメリカ企業の株に発生する割合に比べてわずかです。
事実上、バークシャー株は投資を行っている会社に関してバークシャー自身が行動するのと同じように、当社の株主はバークシャー株に関して行動します。コカ・コーラやアメリカン・エキスプレスの株主であるバークシャーは、2か月間ではなく、企業の長期的な進歩によって成功を測る2つの驚異的なビジネスの中で、株式の動きを見ます。実際、彼らの株式に取引や価格の引用がなかった数年が経っても、私たちは少なくとも気にしません。長期的な期待が高い場合、短期的な価格の変更は、当社が魅力的な価格で所有権を増やす機会を提供する場合を除いて、無意味です。

 

 

株主への手紙2016 ウォーレン・バフェット (2017年2月25日発表)

 

 

f:id:buffett-w:20161028222027p:plain

 

 

米国株中心のバフェット流世界分散投資でアーリーリタイア!
米俵まさる

株式配当不労所得でワークライフバランスとマネーライフバランス
(不労所得で家族を幸せに)