バフェット投資銘柄IBMの目標株価212ドル!?モルガン・スタンレーのアナリスト、ケイティ・ハバーティ氏(バロンズ)

IBMの目標株価212ドル

バロンズの3月20日号で、IBMについての記事がありました。

 

オラクルと IBM のクラウド事業は前進しているが、あまり多くは期待できない
オラクルと IBM の話題はもう少し明るい内容だ。両社は最近まで、クラウドコンピューティング・ソフト ウエアの売上高に関して高い評価を得ていなかった。クラウド関連企業への投資を検討している投資家は、 最大手のアマゾン・ドット・コム(AMZN)、セールスフォース・ドット・コム(CRM)、アルファベット (GOOGL)、マイクロソフト(MSFT)にばかり目を向けてきた。IBM の最高経営責任者(CEO)である ジニ・ロメッティ氏は四半期決算発表の都度、クラウド事業が最終的に既存事業を上回ると明言してきたが、 聞き流されることが多かった。オラクルの創業者であるラリー・エリソン氏はセールスフォースを追い越す と宣言してきたが、オラクルはクラウド銘柄とはみなされていない。
ところが、オラクルが 15 日に発表した四半期決算では、売上高と利益がウォール街の予想を上回り、クラ ウド事業の年間売上高が 50 億ドルに達する見通しとなった。さらに重要なのは、利益率が改善したことだ。 翌日、同社の株価は 6%上昇し、先週の終値は 2 年ぶりの高値を付けた。
同じ 15 日、モルガン・スタンレーのアナリストであるケイティ・ハバーティ氏は、「IBM の株価はクラウド コンピューティング事業の見通しを踏まえるとかなり過小評価されている」と指摘した。同氏は投資レポー トで IBM の投資判断を買い推奨とし、目標株価を 212 ドルに引き上げ、「IBM のクラウドコンピューティ ング・ソフトウエアには 30 億ドルの価値があり、その価値は 2020 年まで毎年 33%のペースで増加する見 通しだ」と述べている。IBM の株価はわずかな変化にとどまったが、ハバーティ氏の確信は、投資家心理を 変える可能性がありそうだ。


オラクルと IBM は今後、新しいクラウ ド・ビジネスをある程度は獲得するだろ う。だが、あまり多くを期待してはいけ ない。両社はクラウド事業に遅れて参入 した。多くの投資を行ったとはいえ、ア マゾン・ドット・コムと違い、未来への 投資よりも過去の事業を維持するための 投資を優先させてきた。
既にあることと言えば配当である。オラクルは先週、1 株当たり配当を 27%引き 上げると発表した。現在の配当利回りは 1.7%だ。IBM の配当利回りは 3.2%とさ らに高い。配当狙いで株を買うという手 はある。

By TIERNAN RAY (Source: Dow Jones)
バロンズ拾い読み 2017 年 3 月 20 日号

 

IBMの未来が楽しみです。

 

f:id:buffett-w:20161020230932j:plain

 

米国株中心のバフェット流世界分散投資でアーリーリタイア!
米俵まさる

株式配当不労所得でワークライフバランスとマネーライフバランス
(不労所得で家族を幸せに)