40代でアーリーリタイアする前の会社員時代から今

会社員時代

会社勤め時代、私は現場からたたき上げでステップアップしていきました。わりと若手の多い職場だったので、ある時期から現場をしながら人材育成に携わることができ、その実績を買われて2014年からは経営にも関わることができるようになりました。人を育てることについては、今まで仕事や投資など自分の人生を通じて得てきた体験知を元に。経営については、バフェット流の投資で学んできた優良企業を参考にし、投資するのは私が勤める会社の社長や従業員で、会社が増収増益で成長し、会社の利益が上がることで社長や従業員に還元がお金としても返ってくるということを考えていました。

周囲をサポートする

金融資産が3億円を超えた2015年からアーリーリタイアを具体的に考え始めました。アーリーリタイアについて周囲に話したことで、逆に投資や資産形成のアドバイスを求められるようになりました。私の投資や資産形成法は、給料が10万円台から始められることと投資だけでなく生活や考え方も重視していくので、まじめに取り組む気持ちのある方であれば学歴や金融知識は関係なく、やる気があればほとんどの人ができます。私の両親は今では不労所得によって年金プラスアルファの収入を得ることができるようになり、今まで以上に好きな旅行を楽しむライフスタイルを送っています。妻の親は得た利益で別荘を買いました。5年以上働いても給与が上がらずボーナスも0円だけど好きな仕事だから辞めないで頑張っていた20代の親族は、不労所得で自分の資産からボーナスを得ることができるようになりました。

 

私は「人が自分自身の人生や生活を整え、金銭的にも余裕が出て、好きなことに時間を使う自由と人生の幸せ感を高めることをサポートする」ことに、この2年近く非常にやり甲斐を感じてきています。

 

f:id:buffett-w:20161202205132j:plain

 

米国株中心のバフェット流世界分散投資でアーリーリタイア!
米俵まさる

株式配当不労所得でワークライフバランスとマネーライフバランス
(不労所得で家族を幸せに)