米バークシャー第1四半期は27%減益して投資利益も大幅減に

 米バークシャー第1四半期は27%減益、投資利益大幅減

 

2017/05/06 06:40

    [オマハ(米ネブラスカ州) 5日 ロイター] - 米著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>が発表した第1・四半期決算は投資利益が大きく減少したことを反映し27%の減益となった。 
    純利益は40億6000万ドル(クラスA株1株当たり2469ドル)となり、前年同期の55億9000万ドル(同3401ドル)から減少した。 
    営業利益(投資・デリバティブ損益を除く)は5%減の35億6000万ドル(クラスA株1株当たり2163ドル)となった。 
 

© Thomson Reuters

 

バークシャーハサウェイの株主総会が楽しみです。

 

 

f:id:buffett-w:20161028222027p:plain

 

※投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

 

 

米国株中心のバフェット流世界分散投資
米俵まさる

株式配当不労所得でワークライフバランスとマネーライフバランス
(家族を幸せに)