保有株の1つIBMを全株売却して別のものへの投資資金にした理由

IBMの売却理由

ちょうど最近バフェットがIBMを売却したというニュースが出ましたが、私もIBMが最近の決算発表後160ドルを超えたタイミングで全株売却しました。130ドル台前半で購入したため税引き前で23%程の利益でした。配当込みで考えると、利益は税引き前で28%程でした。売却理由は主に2つです。

 

1,決して損をしない。

2,より魅力的な投資対象が見つかった。

 

決して損をしない

特に「決して損をしない」は大きい理由です。買った元値より下がることに関しては、私は一般的な投資家より心配性であり、嫌なことです。ウォーレン・バフェットが重視している「決して損をしないこと」というルールをかなり忠実に守ってきています。

 

直近のIBMの決算発表の内容を見て、今後も株価が下がる可能性があると思ったため、一時的に株価が上昇した時に全株売却しました。

 

他に投資したいものが出てきたので、現金をさらに増やしたい時期に重なったことも2つめの理由です。私は基本的に5年以上保有し続けるつもりで株式投資をしていますし、仮に暴落が起き買値よりも下がったとしても保有し続けることができる企業にしか投資しません。また、私が株式保有している銘柄はほとんどが購入時より2倍以上になっているため、売却すると多額の税金がかかるので基本的に売却を考えていません。

そういう意味で、売却するならIBMしかなかったということもあります。

 

私は基本的に一度投資したら保有し続け、株式配当をもらい続けていく投資スタイルですが、半永久保有を考えている企業銘柄以外の株は、買値より株価が下がりそうな場合は売却するスタイルです。売却タイミングは割と良い方だと思います。

 

キンダーモルガン株の売却タイミング

キンダーモルガン株も、私がブログに売却したことを書いた後にバフェット率いるバークシャーハサウェイの売却公表がありました。キンダーモルガン株は現在、私が売却した時よりも株価が下がっています。また、株価が下がったことを補うだけの配当増配もありません。

 

www.buffett-w.com

 

 

www.buffett-w.com

 

 

www.buffett-w.com

 

IBM 奇跡の“ワトソン”プロジェクト: 人工知能はクイズ王の夢をみる

 

※投資はご自身の判断と責任において行ってください。 

 

ウォーレン・バフェット流

世界分散集中投資でアーリーリタイア 

不労所得でライフバランス

 

米俵まさる