株式保有資産の5分の1を売却しました

バフェットも昔株式を手放したことがあった

 

昨晩、株式保有資産の5分の1を売却しました。現在株を保有中の企業は4社になりました。バフェットと私のような個人投資家に大きな違いがあるとすれば、ポジションをかえても誰にも影響がないということです。もしバフェットがバークシャーハサウェイを通じて保有する株式資産の5分の1を売却したら、市場は大混乱します。昔バフェットが家族や知人たちのお金を集めてパートナーシップで運用していた時代、ある時バフェットはファンドを解散して、投資していた人たちに全て返金してしまいました(株式保有などの方法もあった)。その後市場は大暴落しました。バフェットのパートナーであるチャーリーマンガーが当時リーダーシップをとって運用していたパートナーシップは、暴落によって損失を被り、現金がなく暴落に対応できなかったマンガーはかなりのショックを後々まで引きずったといいます。

 

資産規模が大きくなってきたので少し分散

暴落が起きるかどうかはわかりませんが、色々な意味で不確定要素が増えてきたと感じました。私は昨年株式投資以外で大きな利益を得ることができたこともあり、資産全体における株式及び配当の重要性が昔に比べてだいぶ下がってきました。そのあたりは追々書きたいと思います。

 

f:id:buffett-w:20170120130626j:plain

 

※投資はご自身の判断と責任において行ってください。 

 

ウォーレン・バフェット流

世界分散集中投資でアーリーリタイア 

不労所得でライフバランス

 

米俵まさる