米国株式市場、そして世界も日本も株式市場は暴落。バフェットは永久保有?

今回の利益確定タイミングはどうだった?

 

www.buffett-w.com

 米国株式市場が暴落しました。現在NYダウ30種は725円の値下がり。1日で約3%下がりました。私は3月14日に株式保有資産の5分の1を売却しました。利益の一部を売却していた感じです。半永久保有分については保有し続けていますが、利益の一部を売却しておいて良かったです。

 

利益確定しないで永久保有の方がお得?

もし100円で株を買って、500円に5倍株価が上昇したとします。利益は400円。

こうした状況では、私は基本的に3つの選択肢を考えています。市場の動向によって投資機会を控えることはしませんが、利益の確定は市場の動向と関係します

 

1,全株利益確定する。

2,一部を利益確定する。場合によっては暴落した他の株に投資する。

3,永久保有する。

 

例えば、1の場合は税金が2割で、税引き後利益は320円で、元々の100円を合わせて420円が現金化されます。払う税金は80円。残る株式保有分は0円

 

2で、5分の1の場合は、税引き後利益は80円で100円が現金化されます。払う税金は20円。残る株式保有分は400円

場合によっては100円で暴落した他の株に投資すると、更なる利益を得る可能性が増えます。

 

3の永久保有の場合、もし30%暴落したら、500円の株価は350円になり、利益は120円減ります。残る株式保有分は350円

 

この計算を基本として色々なことを複合的に考えます。ただし私がこの考え方をするケースは、投資株が数倍以上になってる場合に限ります。現金があれば、自由と選択肢は大きくなります。10万円の投資家にとって30%暴落は3万円。1億円の投資家にとっては3000万円。10億円の投資家にとっては3億円になります。3万円なら、まあ永久保有でとなりますが、3億円だと、3億円で暴落期間中にできることとの比較検討も、思考の材料になります。この計算や理屈がよくわからない方や面倒くさい方は、積立投資が合っています。

 

ジェレミー・シーゲル教授株式投資の未来?永続する会社が本当の利益をもたらすという有名な本を、私は100%は鵜呑みにしていません。

私が20年ほど前から、投資した株の一部もしくは全部を利益確定せず、最初に買った株にひたすら積み立て投資を続けてきたら、資産は今の100分の1以下でした。私にとっては、このやり方が合っていました。

 

バフェットは昔から株は永久保有?

バフェットは昔から株を何度も売却しています。今でも、バークシャーハサウェイを通じて何度も売却しています。最近のIBM、キンダーモルガン、GE、GM、航空株、などは記憶に新しいです。忘れていけないことはバフェットはバークシャーハサウェイのオーナーであり、株主はバフェットにとって顧客のようなものでもあるということ。バフェットは株式投資の天才であると同時に、バークシャーハサウェイという株のトップセールスマンであるという事実です。バフェットは、バークシャーハサウェイの株主には永久保有してほしいとずっと願ってきています。

 

f:id:buffett-w:20161202205132j:plain

 

※投資はご自身の判断と責任において行ってください。 

 

ウォーレン・バフェット流

世界分散集中投資でアーリーリタイア 

不労所得でライフバランス

 

米俵まさる