日本の企業は株主還元重視に変革していけるのか

私が日本株に1社しか投資していない理由

理由は単純です。株主還元重視の企業が世界の上場企業と比べると劣っているからです。私は基本的には株式配当不労所得で生活することを目標に株式投資を数十年間続けてきました。その途上で、日本の企業の配当がどれほど不安定であるか痛感する出来事がたくさんありました。企業の利益が少しマイナスになるだけで減配。無配。これほど配当を狙って投資した株主を落胆させることはありません。しかも、日本企業の多くは減配、無配を平気な顔で経営陣が行います。辞職をしないことも多々あります。というか、ほとんどしないのではないでしょうか。米国企業では、減配や無配は経営者、経営陣の無能を意味します。経営能力としての恥です。そのため、ちょっと利益が減ったくらいで、株価が大幅に下がったとしても配当は簡単には減配しません。無配なんて、企業の存続に関わるような状況にでもならない限り、優秀な一流企業は行いません。

 

日本株投資はキャピタルゲイン重視にならざるを得ない

現在1社の日本企業に投資しています。投資理由は色々ありますが、配当を期待して投資しているわけではありません。ずばりキャピタルゲインを狙って投資しています。キャピタルゲインを狙って行う投資は精神的に疲れます。私の場合は。その方が楽な人もいるかもしれませんが私は配当重視の投資の方が精神的にはとても楽です。

 

日本企業の姿勢は変わらないのか

少しずつ変わってきている気がするし、ひふみ投信などは日本企業が変わってきていることを様々な場で発信しているし啓蒙もしています。

 

私の考えをドンピシャで現している記事がありましたのでご紹介します。

子どもの教育をきっかけにスウェーデンに移住した方の言葉ですが、この言葉は日本企業の株主還元に対する私の考えと一致します。あまりに一致したのでこの言葉を見たときに爽快でした。これ、株主還元について私が日本企業に抱いてる気持ちと同じじゃないかと。

forbesjapan.com

日本社会も確かに変わりつつある。だが、我々が望む社会になるまでには、直感的には数10年はかかると思っている。日本社会が変わるのを数10年待つのか、それとも我々自身が数年で変わり、望む社会へ飛び込むのか。

 

 

私はまさしくこの言葉のように感じて、米国株を始めとする世界の株式投資に乗り出していったのです。そして、残念ながらその想いは今も変わっていません。

 

f:id:buffett-w:20170104180259j:plain



※投資はご自身の判断と責任において行ってください。 

 

ウォーレン・バフェット流

世界分散集中投資でアーリーリタイア 

不労所得でライフバランス

 

米俵まさる